Department of Psychology, Keio University

List of publications

Thesis titles are shown in the original Japanese.

Year 2003

Graduation thesis

Watanabe Laboratory

Yusuke Otsuka
条件性弁別におけるラットの海馬損傷の効果
Yu Ogawa
脳波・質問紙から見た禅の効果の検討
Fumiko Tsunashima
ジュウシマツの扁桃体損傷における社会選好の変化
Ayako Nagaoka
ハトにおけるメタンフェタミン弁別刺激効果の感作
Yuya Nito
カラスの逆転学習
Michiko Mashiko
指迷路学習における脳活動
Jiro Yanagi
ラットにおける音楽の強化効果の検討

Masuda Laboratory

Rie Iwai
3フレームの仮現運動
~変形した2フレーム目の効果~
Tsutomu Kusano
視覚誘導自己運動の実験的研究
~運動領域の運動方向と静止領域がヴェクションの強度に及ぼす影響~

Sakagami Laboratory

Yuri Kataoka
人の不確実報酬における真の確率等価値の算出
~BDMメカニズム,Second Price Auction, Random Adjusting-Amount Procedureの比較~
Miho Kuroiwa
三選択場面を用いたヒトの自己制御:確率と遅延の等価性の検証
Shohei Maeda
条件性強化子を用いたラットのスケジュール誘導性水飲み行動
Reiko Matsumoto
視覚探索課題を用いた眼球運動のオペラント条件付け

Itoh Laboratory

Yuri Inoue
DRMパラダイムにおける成人と中学生の虚偽記憶再生の比較
Kayoko Ohara
顔や個人情報の記憶におけるイメージ操作方略の有効性
Asuka Nakamura
予定の記憶における内的スケジュールについての検討
Miho Nagumo
事象間の関係が概念の凝集性に及ぼす影響

Yamamoto Laboratory

Daisuke Gunji
幼児における名詞・動詞・動作の学習
Setsuko Tanaka
遊び、共同注意、模倣の発達と相互連関
Anna Hayashi
日常生活におけるフィードバックが子供の柔軟性に与える影響
Sayaka Hondo
近赤外分光法による母語音素・非母語音素弁別時の聴覚反応の測定
Yusuke Yamashita
「心の理論」成立の条件分析

Master’s thesis

Watanabe Laboratory

Yutaka Kosaki
Neural substrates mediating behavioral flexibility in the rat.

Masuda Laboratory

Tetsuya Arai
明るさ誘導と知覚の体制化
~透明視成立との関係を中心に~

Sakagami Laboratory

Naoko Kurosawa
デンショバトにおける時間割引き効果の報酬量依存性についての検討

Yamamoto Laboratory

Nozomi Naoi
自閉症児における音声言語獲得と機能化の条件
page top