Department of Psychology, Keio University

List of publications

Thesis titles are shown in the original Japanese.

Year 2004

Graduation thesis

Watanabe Laboratory

Genji Kinoshita
内臓逆位マウス(iv mouse)を用いた行動実験および物体再認実験
Yukiko Kobayashi
ブンチョウにおける音楽の強化効果の検討
Jun Toshimitsu
セキセイインコにおけるD4受容体と新奇性追求の関連性

Masuda Laboratory

Yuko Goda
ヘッドホン受聴における音像の空間的な拡がりに関する探索的研究
Tomoyuki Hijikata
単一物体運動における生物性に寄与する運動情報の実験的検討

Sakagami Laboratory

Shujiro Osaki
ギャンブル行動における行動履歴の効果
~スロットマシンを用いた強化スケジュール系列の選好~
Yoshiteru Seki
囚人のジレンマゲームにおけるラットの選択行動

Itoh Laboratory

Mayumi Harada
目撃証言における話し合いと同調
~同調への注意喚起の効果と同調の方向性について~
Naoya Kato
物語文章の記憶における逆行促進効果
Aya Kawashima
テスト前不安と自己評価の想起
Ayako Kawazoe
観察時間が顔の記憶に与える影響
Yuri Terasawa
情動を伴う問題解決・意思決定の認知過程と身体反応の機能
Takuro Fujii
思考と文章におけるタイピングの影響
Kao Yamaoka
異なる刺激によるレピティション・ブラインドネスの効果の検討:知覚、意味、感情
Ryoma Yamada
目撃証言の研究に関する事後情報としての報告書の効果について

Kojima Laboratory

Tomoaki Ayabe
回帰の抑制に関する理論の事象関連電位による考察
Yoshiko Suzuki
イメージ操作に関するNIRS研究
Nahoko Nishijima
言語経験が音韻の同定・弁別に及ぼす影響
~行動実験と近赤外分光法による研究~
Sunao Matsuoka
母親がわが子の笑顔を見たときの眼窩前頭皮質の活性化
Sayaka Wada
顔と声の情報の一致・不一致における前頭葉の活動

Yamamoto Laboratory

Naoko Iwamoto
幼児におけるマザリーズによる呼びかけに対する反応
Yuki Kiuchi
発達障害児の漢字の書字学習の評価と指導
Chieko Kusumoto
"他者の心を理解する"ことの発達的基盤の検討
Miyu Suzuki
積み木課題における子供の創造性について
Harumi Takahashi
音楽における情動性の理解の発達
Sachiko Minagawa
共同注意行動に見る行動レパートリーとその学習可能性
~健常児と自閉症児の比較~

Master’s thesis

Watanabe Laboratory

Eriko Yamamoto
社会的動作の認知
~ヒトのfMRI実験及びハトの損傷実験を用いた比較検討~

Masuda Laboratory

Keiko Nakata
運動する2対象の知覚体制化に関する実験的考察

Sakagami Laboratory

Hironobu Hasegawa
オペラント行動としての眼球運動の制御とその変容過程についての検討
~視覚探索課題を用いたオペラント条件付け~
Takayuki Tanno
変動比率及び変動時隔強化スケジュール下でのラットの反応遂行
~反応間間隔への強化効果の再検討と反応率と強化率の相関性との相互作用の検討~

Itoh Laboratory

Chikako Murase
高齢者の情報機器操作課題遂行における構造理解の重要性
Ayaka Watanabe
方略選択の適応性と先行経験の影響
~カウント課題による検討~
page top