Department of Psychology, Keio University

List of publications

Thesis titles are shown in the original Japanese.

Year 2006

Graduation thesis

Watanabe Laboratory

Yuko Ikkatai
セキセイインコ(Melopsittacus undulatus)における優劣社会構造の変遷と,未知物体への接近行動における社会的文脈の影響
Nao Utsugi
マウスにおける海馬の神経細胞死と記憶障害
~虚血モデル~
Yusuke Kanayama
グッピーの群れにおける個体間のコンフリクトな相互作用が意思決定に及ぼす影響
Ryo Kurashima
空腹状態に基づく遅延選択の変化と側坐核シェル損傷の効果
Kei Nishizawa
ハト(Columba livia)における他個体提示による最初期遺伝子の発現

Masuda Laboratory

Asami Ota
無彩色条件下におけるWatercolor Effectの実験的検討

Sakagami Laboratory

Tetsuya Daimaru
2条件訓練におけるハトの選択行動
Maya Miyaoka
固定比率連鎖スケジュール下の反応潜時における強化子サイズの効果

Itoh Laboratory

Kayako Ikeda
ブランド・イメージのロゴマークへの影響
~プライミング効果による検討~
Fumito Kawakami
チェンジブラインドネスにおける表象の状態
Fuminari Obinata
カテゴリーの特徴数と特性が概念学習に与える影響
Rie Sasaki
自伝的記憶における検索誘導性忘却
Masaki Toyama
協同想起における抑制過程
Kahoru Takabatake
表情のカテゴリ判断における文脈効果の検討
Shoko Watanabe
意思決定における,無意識的な感情の影響について

Kojima Laboratory

Mayuko Ishii
記憶における情動の影響と前頭前野の活動について
Mariko Saito
音楽に対する「ゾクゾク」について
Asuka Noguchi
側頭-後頭皮質外側部と運動および運動のイメージに関する研究

Yamamoto Laboratory

Hitomi Kuma
自閉症児の共同注意とコミュニケーション
~ESCSを用いて~
Natsumi Kurihara
感情の理解と感情語の表出
Ai Kobayashi
絵本の読み聞かせ場面における乳児と母親の行動パターンの発達的変化
Chihiro Shimoda
自閉症児への音楽を用いた臨床支援の検討
Atsuko Suzuki
乳幼児における自己認知の発達過程
~マーク課題を通して~
Masumi Takahashi
アスペルガー症候群をもつ児童における流暢性の研究
Yuno Takeuchi
自閉症児の学習場面における脳機能の特徴
Yuki Hayashi
幼児の表情・意図理解の発達

Master’s thesis

Itoh Laboratory

Yuri Terasawa
他者の心的状態の認知における自律神経活動の利用可能性
Kao Yamaoka
視覚探索における注意のコントロールに関する実験的検討

Kojima Laboratory

Tomoaki Ayabe
Cortical temporal dynamics of attentional resources: Evidence from electromagnetoencephalography

Yamamoto Laboratory

Chieko Kusumoto
広汎性発達障害児における「他者の心の理解」
Mizuho Hisatomi
「読み・理解」の発達を促す条件
~学習困難児への介入研究~
page top